授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 映像デザイン論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
授業では、光の物理的属性と視覚の生物学的構造。映像と記録・複製技術の歴史。映像とコミュニケーションの関係。さらに視覚情報から生み出される感情の作用など、視覚〜映像を雑学的な観点から考察する。
視覚情報の運用と約束事はいかに推移して現在に至ったのか。それらの理解が各自の視覚生活に深度を与え、さらにデザイン各分野における表現活動へと効果的に展開されれば幸いである。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力

先修条件または
他の授業科目との関連
本科目と連動する「写真表現」では、主に技術的な指導が行われるが、本講義ではヒトの視覚能力と視覚世界の関わり、映像表現の背景に存在する思考、および心理作用を解説する。
関連する科目は視覚情報を扱うデザイン分野に多く認められる。講義科目では「ビジュアルデザイン論」「色彩学」「メディアアート論」、実習科目では「写真表現」「映像表現」「デジタルグラフィックデザイン」「ビジュアルデザイン実習1-4」「エンターテイメントデザイン実習1-4」などと広い連携を持つ。
履修のポイント
留意事項
「映像デザイン論」のカリキュラム上の位置付けを理解し、各自が学ぼうとする専門領域との関連について明確にした上で履修してほしい。各自が将来携わるデザインの実務および研究領域、または表現の現場において、視覚情報がどのような役割を担っているのかを、十分理解しながら受講すると効果的である。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成