授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 製品論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
生産技術の問題は、ともすれば独り歩きし「生産者の論理」に立った製品を生み出し
がちである。製品はいかに計画され、製造されるのか、また、人々のどのような生活
を産み、そして廃棄・リサイクルされるのか。
ここではHuman-Centered Designの立場から製品を捉え、人間の生活に真に必要とさ
れる技術や製品のあり方について、理解と知識を深めることを目的としている。
上記の目標に向け、本授業で育成する力・スキルは以下の通りである。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
プロダクトデザイン論、ユーザエクスペリエンスデザイン、ユニバーサルデザイン論、などと併せて修得することが望ましい。また、デザインマネージメント論、知的財産権論などのデザイン諸学や、プロダクトデザイン実習と関連させながら学ぶことで理解が一層深まるだろう。
履修のポイント
留意事項
製品を作り手側、使用者側の双方の視点から見つめ直し、生活や環境に与える影響を能動
的に考察する姿勢が望まれる。
製品に関わる様々な情報を収集するための予習・復習が欠かせない授業であり、製品デザ
インに関わる者としての志を高めてもらいたい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成