授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 エンターテイメントデザイン実習1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
人の心を魅了するエンターテインメントの視点から、新たなデザインの方向性を探る「専門実習科目」である。
本授業では表現作品を求める課題を通じた実習授業を通して、現代人または現代生活に必要とされるデザインに着目し、そのデザインを具体化するための企画および制作方法を修得する。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/挑み力/成し遂げ力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
3セメスター以降に履修可。
各自が将来めざす専門領域を経験してもらう目的で開講する授業であり、他のデザインコース(ビジュアル、プロダクト、スペース)とともに履修することも可能である。
また関連科目として開講されるエンターテイメントデザイン論は、エンターテイメントデザインの理論修得をめざす科目であり、本授業を受講する者は必ず履修してもらいたい。
履修のポイント
留意事項
本授業は新たなデザインの方向性を探ることを目的としているため、普段の暮らしから日常生活に求められるデザインのあり方を考察することを望む。
また最終成果物として作品制作を伴う課題が用意されるので、授業への出席はもちろん、自ら計画を立て、段階的なアプローチが実践できるようスケジュール管理の徹底を図ってほしい。
さらに作品づくりに必要な情報収集や、知識や技能の修得については、授業以外の時間を利用し、自らの計画に基づく積極的な取り組みを期待したい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成