授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 写真表現
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
視覚情報の記録・伝達手段として我々が利用している映像機器は、「眼に見える世界」の複製を生む。我々はこれらの視覚情報の中に「世界の見方」や「現実の切り取り方」を学習してきた。
授業ではカメラの基本的な構造と、そこに期待できる視覚効果を理解し、撮影から加工・プリントなど基礎的な作業の実践を通じて、視覚伝達および視覚デザインの分野に関わる複製技術の可能性を実感していく。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/挑み力/成し遂げ力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
2セメスター以降に履修可。
「写真表現」は「映像デザイン論」(講義科目)の解説に対する実践的科目である。写真独自の表現領域に留まることなく、ビジュアルデザイン、グラフィックデザイン分野の実習科目に関連する技術的要素として応用、展開される。
講義科目では「ビジュアルデザイン論」「色彩学」「アートディレクション論」「メディアアート論」などと関連し、実習科目では「映像表現」「デジタルグラフィックデザイン」「ビジュアルデザイン実習1-4」等と連携を持つ。特に「ビジュアルデザイン実習1-4」に想定される課題類、また画像要素を含むレイアウト、エディトリアルデザイン、さらにプレゼンテーションの各領域では、この科目で習得した技術と知識が必要となる。
履修のポイント
留意事項
授業では、撮影技術や撮影機器のメカニズム解説と、撮影・プリント等の実作業を段階的に繰り返し、結果としてモニタ画面や紙面に現われる画像の効果を確認することによって、写真の基礎技術や表現技法の修得を目指す。
実習は積み重ねによりなされるため、欠席等の度合によっては次の段階に進めない場合があるので注意して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成