授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツ心理学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学部共通1グループ
授業の目標
 今日、運動・スポーツは人々の生活に深く浸透し、多様な広がりを見せている。スポーツ心理学は、運動・スポーツ活動の心理的メカニズムを明らかにしてきた。その応用領域として、運動・スポーツ活動を通しての子どもたちの全人的発達の支援(体育の心理学)、競技者の競技力向上の心理的サポート(競技の心理学)、運動・スポーツの継続実施による心身の健康の保持増進(健康スポーツの心理学)がある。
 授業では、運動・スポーツの発達、運動学習、スポーツの動機づけ、スポーツの社会心理、スポーツメンタルトレーニング、競技の心理、健康スポーツの心理、スポーツ臨床について講じる。
 授業目標は、運動・スポーツ活動の心理的メカニズム、体育の心理学、競技の心理学、健康スポーツの心理学に関する基本的な理解とその応用力を身につけることである。
先修条件または
他の授業科目との関連
 関連授業科目として、「スポーツ人文社会科学実習A(GP)」・「スポーツ心理学特講(GC)」・「メンタルトレーニング理論及び実習GC」・「健康スポーツ心理学(GR)」・「スポーツカウンセリング」がある。
履修のポイント
留意事項
 体育の心理、競技の心理、健康スポーツの心理の基礎を広く、深く学びたい学生向きである。授業では様々な資料を提示するとともに体験学習などもとり入れているため、受講生は出席に留意してほしい。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成