授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 発育発達老化論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 人の身体は乳幼児期から思春期にかけて著しく成長し、充実した成年期を経て次第に老化していく。こうした身体の変化に伴い、心理面も特徴的に変化していく。本授業では、人の発育発達及び老化について、身体の形態や機能、認知発達などの面から学ぶとともに、各発育発達及び老化の段階における生活・教育課題とその解決に向けたアプローチについて学ぶことで、諸学問の基礎を固めることを目的とする。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、第3セメスター以上を推奨している。
 全ての教職関連科目と関連している。

履修のポイント
留意事項
 毎回授業に出席し、担当教員から出された課題を確実に提出することが重要である。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成