授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 科学論C
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 理学部では「専門性に対応できる基礎力」、「総合的な判断力」、「協力し合って問題に対処できる能力」をもつ人材の育成を教育目標としている。各学科で専門を学ぶことは大切であるが、学んだ知識を社会で活用できることが重要である。そのためには、自学科で学ぶ専門知識だけでなく、関連のある他の数学(情報数理学を含む)・物理・化学を学んで、互いに関連していることを理解し、幅広い自然科学的知識を身に付けることが必要である。
 科学論Cは化学科の教員が、数学科・情報数理科・物理学科の学生を対象に化学分野のトピックス、歴史的な発見やその過程等を講義し、そこに数学や物理学が深く関わっていることを説明する。この講義を通して、自学科で学ぶ数学、または物理学と化学の関連性について、自ら考え知識を深め、幅広い自然科学的知識に発展させることを目的としている。

授業により育成する力・スキル
全学共通: 自ら考える力、挑み力
学部: 専門性に対応できる基礎力、総合的な判断力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特に定めない。
履修のポイント
留意事項
自学科の知識をしっかり身につけ、幅広い自然科学的知識に発展させること。
学部・学科必修/選択の別
理学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成