授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学実験(コンピュータ活用を含む)
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目は、理科教員を目指そうとする学生を対象としており、理科教員の免許を取得するためには必修の科目です。物理実験を行う目的は、物理法則の意味を理解するためであり、また物理学に関する講義で学ぶ内容を、実際に体験することによって知識を確実なものにすることにあります。この物理実験において、各種の計算は勿論のことデータ処理・グラフやレポートの作成するために、コンピュータの利用が不可欠なものとなっています。この授業では、実験を通し物理学の基礎概念の修得と基本的な機器の習熟に主眼をおいて指導します。
本科目により育成する力・スキルは、「集い力」「成し遂げ力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、高校程度の物理と数学を理解していることが望ましいです。「物理学概論」とあわせて履修することにより、相互の理解を深めることができます。本科目で得られる実験実施手順や実験機器の使用方法、レポート作成に関する知識は、学科で開講される専門実験科目やコンピュータ科目の基礎となります。
履修のポイント
留意事項
実験をスムーズに進めるために、実験内容に関する予習は必ず行い、遅刻をしないようにしてください。実験科目は自主的に行うことによって進んでいくものです。いま何のために、何をしているのか等を良く考えて行うよう心がけましょう。
本科目では、実験テーマ全てに関してレポート作成が義務づけられ、期限内の提出が求められます。レポートの提出が為されない場合には不合格となります。
教職を目指す学生に応じた授業内容で開講されることに注意してください。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択
理学部 化学科 選択
工学部 生命化学科 選択
工学部 応用化学科 選択
工学部 原子力工学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成