授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 代数学2B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 しばしば数学は代数,幾何,解析などと分野分けされることがあるが,実はそれらは奥深いところで繋がっている.この授業では代数学を主な言葉として,広大な数学の世界の入り口へ誘うことを目標とする.

 1,2年生で学んだことでも今改めて振り返ってみると,基本的な概念や定理にも様々な深い意味付けが潜んでいることに気づく.このような基本事項でさえ,本当の意味で理解し,使いこなせるようになるには多角的な視点からの考察が必要なのである.
 最近学んだ代数学の例で言えば,たとえば,可換環は空間上の関数のなす集合が持つ代数構造であり,代数幾何,整数論,不変式論等と密接な関係を持っている.しかしこのような視点は時間の都合上,3年生前期までに紹介できないことが普通である.
 
 代数学2A, 2Bでは今まで学んだ基本事項を振り返りつつ,それらのより深い理解が得られるようになるためにも,広い視点から代数学を学んでいく.


授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力
 学部:協力し合って問題に対処できる能力
 学科:論理的・抽象的思考力
先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件なし。
(2)代数学序論、群論、代数学1A、代数学1Bを履修した学生を念頭において授業を進める。


履修のポイント
留意事項
 3年生前期までの講義を十分に復習しておくこと.もちろんこれは代数関係の講義に限ったことではない.ある程度面白い数学に接しようと思うと,学部3年までに学ぶ数学はどれも必要になる.




学部・学科必修/選択の別
理学部 数学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成