授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ベクトル解析
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
線形代数学2で学んだベクトルが、時間ととも動くとき、空間内にベクトルが分布している様子を解析するのがベクトル解析である。流体力学、電磁気学など様々な応用分の理論の基礎となるものである。その基本定理であるガウスの定理、ストークスの定理を理解し応用する能力を養うことを目標とする。これらの定理は、体積分と面積分、面積分と線積分の関係を示す定理であり、1変数関数の「微積分の基本定理」を拡張したものである。重積分に於ける部分積分について述べた定理と解釈することもできる。


授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力
 学部  :専門性に対応できる基礎力
 学科  :高度で正確な計算力

先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件なし。
(2)「微分積分学1,2」の内容を理解していなければならない
履修のポイント
留意事項
偏微分、重積分の計算がしっかりできることが要求される。微分幾何学の知識があるとさらに深く理解できる。
学部・学科必修/選択の別
理学部 数学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成