授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報と職業
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 情報と職業との関係、情報に関する職業人としての在り方を考察する科目であ
る。本授業科目は、生徒が個人及び情報関連産業だけではなく、情報化社会の進展
と職業における職業人として、高度情報通信社会における情報や情報機器の役割や
活用について学ぶことを目的とする。 今日では、どのような職場に就職してもどん
な職業に就いても、コンピュータ・ネットワークやマルチメディアを活用するため
の知識・技能、情報倫理が要求される。また、専門教科「情報」は、情報化の進展
と共に、ソフトウェアに関してシステム全体の設計や管理・運営を担当する人材
や、マルチメディア関連産業領域で役立つ人材を育成する目的で設定されたもの
である。 高度情報化にあたって、情報に関連する職業はますます拡大していくが、
情報に係る職業人は、情報への広い視野を持ち、技術革新への主体的対応能力を身
につけること、厳しい職業倫理で自己を律することが要求される。  このような観
点から意欲的・主体的で望ましい職業倫理を含む職業観と勤労観を形成するため
に、的確に十分に行なうべきである職業指導について考察する。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力、成し遂げ力

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特に無いが、学科の開講科目全てと関係している。特に、1〜4セメの開講
科目に関する理解が基礎となる。
履修のポイント
留意事項
情報の発達が今後どのように職業に影響を与えるか、自分なりに考えてもらいたい。
成績評価は、定期試験、課題、出席状況等を総合的に判断して行う。「情報」の教員免
許を取得するのに必要である
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修
情報理工学部 情報科学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成