授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 分析化学1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 分析化学は物質の化学組成を決定することを目的とし、化学反応を調べると同時に反応における物質の化学両論的関係を定める学問である。そのために必要な基礎的知識を授業で学習し、実際の分析に応用できる知識の活用を習得する。分析化学1の主なテーマは酸塩基平衡と沈殿の溶解平衡などである。本講義の目標は、化学平衡の概念を理解すること、その応用として酸・塩基の強さや緩衝作用について理解し、酸塩基滴定法を学習すること、沈殿の溶解平衡と溶解度積を理解し重量分析法を学習することである。

授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力、挑み力
 学部  :専門性に対応できる基礎力
 学科  :知識を応用する力
先修条件または
他の授業科目との関連
 必修科目で第3セメスターより履修可能である。「化学実験(コンピュータ活用を含む)」と「分析化学実験」と密接に関連している。また、物質を扱う物理化学、無機化 学、有機化学などの科目との関連性も重要である。
履修のポイント
留意事項
 授業で使用する教科書には授業目標で述べた内容が分かりやすくしかも詳しく書かれており、また重要な点は繰り返し述べられている。したがって講義を聞くことは当然であるが、教科書を丁寧に読むことも必要である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 化学科 必修

2019/04/01 20:37:36 作成