授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報機器とネットワーク
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 近年、社会一般にコンピュータが普及し、無くてはならない存在となってきた。例えば、化学の大型測定機械にはほとんどコンピュータが組み込まれ、これを操作することによりデータ処理が行われている。従って、コンピュータの基礎を学ぶことは、化学科の学生にとってたいへん重要である。そこで、この科目ではコンピュータを初めて操作する学生が基本操作を学び、実際にパーソナルコンピュータを一人一台ずつ使いながら、情報処理の基礎を身につけるよう学習してゆく。特に、これからの時代、化学の専門知識を生かしながら、パーソナルコンピュータを活用できるようにすることはとても重要である。従っ て、基礎を充分に身につけ、将来への応用に向けて、授業をただ受けるだけではなく、自分から積極的に多くのことを学習してほしい。そのための基礎知識について、授業を行う。

授業で育成する力・スキル
 全学共通:集い力、成し遂げ力
 学部  :専門性に対応できる基礎力
 学科  :知識を応用する力
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、本科目はワープロの簡単な使い方が分かっているものとして授業を行うので、 初心者は「情報機器の操作」を先に履修することが望ましい。他の情報処理科目の基礎となる。
履修のポイント
留意事項
 実習を中心にコンピュータの操作を実際に行いながら、学習を進める。
学部・学科必修/選択の別
理学部 化学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成