授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 無機材料化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義は、無機化合物が利用される誘電体、磁性体、光学材料等の機能発現のメカニズムを理解すること、およびそれらの合成法と評価手法を理解することを目標とする。そのため、イオン結晶の無機化合物を中心に、代表的な合成プロセスと、それらのメリット・デメリットを述べ、電磁波や電子線を用いた無機化合物の構造解析と物性評価の手法を解説する。具体的な機能として、電子伝導やイオン伝導、誘電特性や圧電特性、磁性、光学材料について講義する。さらに、カーボンナノチューブなどの炭素材料、アパタイトなどの生体無機材料、光触媒などの環境材料について講義する。

授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力、挑み力
 学部  :総合的な判断力
 学科  :問題を解決する力
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。「無機化学1・2」「無機化学実験」と関連する。
履修のポイント
留意事項
 製造原理、プロセスの理解と並行して、製品がどの分野にどのように利用されているか、他の工業との関連、材料のリサイクル、環境へのインパクトの視点などが大切である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 化学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成