授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生化学2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 生化学2の目標は生命を化学の言葉で理解することである。@全ての生物は、全生物に共通した数十種類の糖、アミノ酸、ヌクレオチド等の比較的単純な低分子有機化合物から、種や個体に特異的で複雑なタンパク質や酵素、核酸、糖質及び脂質等の巨大分子を合成している。これらの低分子有機化合物とそれらから合成される巨大分子の構造と化学的な性質及び機能を理解する。A生命は高度に秩序だったシステムであり、それの維持には膨大なエネルギーが必要である。生物がエネルギーを獲得する主な機構(解糖系、TCA回路、酸化)を理解するとともに、エネルギーを用いて生物の身体の中で営まれている主要な代謝(ヌクレオチドの合成、脂肪酸の合成、アミノ酸の合成と利用)を理解する。BDNAとRNAの構造を理解し、DNA中に保存されている遺伝情報が発現される機構(転写と翻訳)、遺伝情報が複製される機構、種々の物理化学的な攻撃によるDNAの変異及びこれらの変異からDNAを守る機構を理解する。

授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力、挑み力
 学部  :総合的な判断力
 学科  :問題を解決する力
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。内容的には「生化学1」と密接に関連しているため、「生化学1」を履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 講義内容は必ず復習して理解すること。十分に理解できない点や疑問がある場合は、 質問等をして速やかに解決することが必要である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 化学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成