授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生物学概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本科目は将来教職を希望する学生の立場を考慮し、多岐にわたる生物学全体を体系的に把握させ、理解を促すことを目的とする。講義は総論と各論から構成し、総論においては、生物学の発展の歴史に触れながら、生物学の基本的な概念や一般的な考え方を論じ、現代生物学における様々な研究分野を概観する。具体的には、生物学の歴史、生物の多様性、生命の連続性、生命の起源など、現代生物学における基本的な考え方について講義し、高等学校で生物を勉強してない学生諸君へ、生物学への入門を図る。各論では、生命の基本単位である細胞の微細構造、生命現象を
担う化学物質の基礎、細胞のエネルギー代謝、生体機能の調節機構、発生と分化、遺伝子の分子生物学、生態系の構造と機能、生物進化、生物分類の体系などについて講義する。また、生物学の著しい進歩がもたらした遺伝子操作の基礎についても学べるようにするので、生命倫理との関連についても理解を深めてもらいたい。

授業で育成する力・スキル
 全学共通:自ら考える力、挑み力

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。生物学実験の基礎的知識となる内容を含むため,合わせて履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 生物学の体系的理解が肝要である。そのためには、基本的知識をきちんと整理して勉強しなくてはならない。成績は複数回の試験とレポートによって総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択
理学部 物理学科 選択
理学部 化学科 選択
工学部 生命化学科 選択
工学部 応用化学科 選択
工学部 原子力工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成