授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生体情報処理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 インターネットを介した遠隔地治療技術やMRIを用いた画像診断技術など、先端医療に対する情報科学分野のテクノロジーの貢献は計り知れない。しかし、自らの知識や技術を先端医療の分野で十分に生かすには、情報科学者・技術者も医学に関する知識を身に着けていなければならない。
 本講義は、医学の基礎である解剖学および生理学について、生物学に関する知識を持たない理工系学生向けに概説し、情報科学分野から先端医療に貢献できる力を育成することを目標にしている。
 本授業により育成する力・スキル: 「自ら考える力」、「情報の基礎を理解し活用する力」、「情報処理の原理を理解し使いこなす力」
先修条件または
他の授業科目との関連
 前修条件は設けない。講義に興味をもった学生は、「神経情報工学」、「メディカルイメージング」や「知覚情報処理」を受講することを薦める。
履修のポイント
留意事項
 学ぶ対象は人体であるので、講義を受けるとともに自らの身体に触れ、かたちと機能に
思いをめぐらせながら講義を受けていただきたい。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 情報科学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成