授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ビジュアルコンピューティング
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 ビジュアルコンピューティングとは、コンピュータとグラフィックス周辺装置を用いて画像や映像を処理・作成する技法の総称であり、コンピュータグラフィックス(CG)と画像処理にまたがる技術分野である。今日、CGは多くの分野で利用され、多様な発展を遂げている。主な応用例としては、建築、自動車、航空機等の分野における設計支援(CAD)システム、各種実験のシミュレーション、映画、コマーシャル、ビデオゲーム等が挙げられる。本授業ではこうした状況を踏まえ、初学者を対象に、CGとそれに関連する画像処理の基礎について概説する。本授業の目標は、CGの基本的概念を理解し、CGエンジニア検定3級に合格可能な知識を習得することである。
 本授業により育成する力・スキル: 「自ら考える力」、「次世代技術の創成に貢献する力」、「新しい情報処理技術を創造する力」
先修条件または
他の授業科目との関連
 「画像処理基礎」を先修していることが望ましい。また、「画像処理応用」とあわせて履修することを推奨する。
履修のポイント
留意事項
 この授業で得た知識をもとに、CGエンジニア検定に是非チャレンジして欲しい。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 情報科学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成