授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 「電気回路1」で学習した内容の応用について学習する。
具体的内容として、理想変圧器をはじめとした
各種電気回路の用途及び入出力値の計算や過渡現象について学習する。
過渡現象を理解することで、電気回路の時系列の振る舞いを
確認することが可能となる。
 本科目で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、
「情報の基礎を理解し活用する力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。しかしながら、行列や複素数を扱う場合があるので、
その分野の知識に自信がない場合は予め予習することが望ましい。
 本科目は、「コンピュータ応用実験1〜3」などの科目と関連する。
履修のポイント
留意事項
 講義の聴講に加えて授業中に実施する演習を解くことで、
電気回路の振る舞いや値の計算方法を十分に学習すること。
また、演習には関数電卓が必要となる場合がある為、
適宜用意し本授業に臨むこと。
 成績は演習及び定期試験の結果で総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成