授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像処理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
コンピュータと撮像デバイスの性能が向上したことにより、画像情報をコンピュータで処理することが多くの分野で行われている。例えば、工場ではロボットの目としてカメラが利用され、医療現場でも画像処理が高度な診療に不可欠である。本授業では、2次元信号である画像信号の取り扱いかた、濃度補正・エッジ検出などの前処理、画像の特徴量の抽出方法などを学び、さまざまな分野で画像情報を応用するために必要な基礎知識を習得することを目標とする。
この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「次世代技術の創成に貢献する力」、「知能・情報システムに関する知識と技術」である。


先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無いが、画像信号の数学的表現のために行列やベクトルに関する基礎知識が必要となる。また、実際に画像処理をコンピュータで実現するにはプログラミングの知識も必要となる。なお、本授業は「コンピュータグラフィックス」などの基礎となる。


履修のポイント
留意事項
机上での理論だけでなく、実際にコンピュータ上で画像処理を行うプログラムを作成して試してみることが理解を深めるために必要である。自主的にチャレンジしてみることをすすめる。成績は演習と定期試験の結果から総合的に評価する。


学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成