授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ディジタル回路
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 スマートフォン等の情報端末をはじめとした、
現在の電子機器には欠かせないディジタル回路の設計に
必要な基礎知識を習得することを目的とする。
 具体的内容としては、先ず論理演算と組み合わせ論理回路の基礎を学習する。
その後、ブール代数やカルノー図を用いた論理式の簡単化を学び、
組み合わせ論理回路の応用としてデコーダ回路等について学習する。
更に、順序回路の基礎としてラッチやフリップフロップについて学習し、
順序回路の応用としてカウンタやシフトレジスタについて学習する。
 本科目で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、
「次世代技術の創成に貢献する力」である。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。この科目は「コンピュータアーキテクチャ」、
「システム開発演習」、「コンピュータ応用実験1〜3 」などと関連する。
履修のポイント
留意事項
 成績は演習及び定期試験の結果で総合的に評価する。
本授業の内容は、コンピュータシステムの開発に欠かせない知識である為、
意欲的に学習すること。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成