授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンピュータアーキテクチャ
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義では、コンピュータの構成についてハードウェアを中心として解説する。まず、基礎知識としてコンピュータの歴史や基本構成、動作原理など理解した後に命令セット、CPU、メインメモリ、周辺要素について詳細に学ぶ。また、高性能化技術や信頼性技術についても取りあげ解説する。この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「次世代技術の創成に貢献する力」、「知能・情報システムに関する知識と技術」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
特別な先修条件は無い。しかし、本講義は本学科におけるコンピュータ関連の中でも高度で総合的な内容となっている。よって、コンピュータに関連する基礎的な科目を履修した上で、本講義を履修することを推奨する。
履修のポイント
留意事項
指定した教科書を用いて授業を行うが、本内容に関する多くの良書が出版されており、違った側面から解説しているものもあるので、積極的に利用して知識を深めて欲しい。成績は課題、出席状況、定期試験等を考慮し、総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成