授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データ構造とアルゴリズム
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 データ構造とアルゴリズムは情報科学・情報工学を学ぶ者にとって必要不可欠な基
礎知識である。高い信頼性と性能を主張できるソフトウェアを開発するには、よいア
ルゴリズムとデータ構造を使用・設計する能力とアルゴリズムへの高度な理解力が求
められている。本授業では、データ構造とアルゴリズムの基礎を学修する。まず、リストと2分探索木、並び替えと検索のアルゴリズムといった基本事項を学び、その後、グラフの表現やネットワーク最短路アルゴリズムの実現法を学ぶことでデータ構造とアルゴリズムの理解を深める。講義の内容を正しく理解するため、コンピュータでの演習も行う。

先修条件または
他の授業科目との関連
履修条件ではないが、「基礎プログラミング」を履修したことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 本授業は、データ構造とアルゴリズムの解説を行う講義と、講義内容に基づいて各自がプログラミングを行う演習を連続して行う。データ構造とアルゴリズムに関する最初の授業科目であるから、わからないことは何でも質問し、問題点を解決しておくことが重要である。成績は、定期試験の結果と課題レポートから総合的に評価する。

学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成