授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ロボット工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 ロボット工学は、エレクトロニクス、メカニクス、制御、コンピュータ科学、さらには生物工学といった幅広い分野からなる新しい技術体系であり、学問体系である。本講義では、ロボットの作業プログラミング、ロボットの多関節アームの構造表現と制御の手法、知的機能を実現させるための感覚センサ、すなわち、触覚、力覚、近接・距離覚、視覚などとそのロボット制御への応用、などについて講義する。また、最新のロボット研究や新しいロボット応用システムの例をビデオや写真を利用して紹介し、理解を深める。
 この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「次世代技術の創成に貢献する力」、「ロボットに関する知識と技術」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は無いが、「電気回路1,2」、「電子回路」、「ロボット設計工学」、「システムの数学」、「基礎センサ工学」を履修していることが望ましい。また、本科目は「先端ロボット工学」へつながる。関連科目としては、「CAD/CAM応用設計」、「ロボット工学演習」、「コンピュータビジョン」などがある。
履修のポイント
留意事項
 本講義は、ロボットに関する一般的知識から、メカニズムやその運動学モデル、センサや信号処理回路、コンピュータ情報処理とコンピュータ制御の技術まで幅広く取り扱うとともに、ロボットの社会的・哲学的問題まで考察することになるので、柔軟な姿勢で授業に臨んでほしい。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成