授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎制御理論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
制御とは、ある対象を目的通りに動かすことをいう。制御の対象は航空機やロケット、化学プラントなどの大規模システム、エアコンや冷蔵庫のような身近な製品、さらには生体、社会経済などあらゆる分野・規模にわたるため、制御の概念はきわめて重要である。これら多種多様な制御システムの解析や設計を統一的に扱う体系的理論が制御理論である。本授業では、従来から広く適用されている周波数領域に基づく古典制御理論の修
得を目的として、ラプラス変換、ブロック線図、過渡応答と周波数応答、安定判別、制御系の補償について講義する。
この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報の基礎を理解し活用する力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無いが、数学の基礎知識(微分、積分、複素数)を必要とする。また、この科目は工学系の各種科目の基礎となる重要な科目である。
履修のポイント
留意事項
本学科の基幹となる重要な科目であるので、確実に理解でき
るよう、講義に取り組むことを望む。成績は定期試験の結果や授業態度、レポートなどから総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成