授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 制御系設計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
あるシステムを望みの特性にするためには制御技術が必要である。特に、与えられた制御対象に対して要求仕様を満たすように補償器を設計する制御系設計が重要になる。本授業では、システムの時間応答や周波数応答、安定性といった基礎的な解析手法の知識を前提に、位相遅れ・進み補償、PID制御、状態フィードバックなどの各種制御系の設計手法や補償器のディジタル実現について解説する。本授業を通じて、実践的な制御系設計の手法を習得することが目標である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、基礎制御理論。モデリングとシミュレーションを履修していることが望ましい。また、本科目はコンピュータ応用実験2、3と関連する。
履修のポイント
留意事項
制御系設計は制御対象のモデリングや、制御システムのシミュレーション技術を必要とする。これらの基礎知識が不足している場合は各自復習しておくこと。また、設計結果のコンピュータシミュレーションでの確認を繰り返すことが理解を深めるので、積極的に演習課題に取り組むこと。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成