授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 卒業研究2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
卒業研究1を修得した後、履修可能な重要な科目である。
卒業研究1で設定したテーマとスケジュールに従い、本学科のカリキュラムで習得した基本的な技術を用いて、卒業論文を完成させるために設計、製作、理論の構築実験、結果の評価、考察などを具体的に進め、論文のまとめ方、などを体得する。

卒業研究2では、これまで学んだ知識や技術を融合させ、卒業後、社会や大学院で通用する技術レベルまで到達できるように指導する。
学期末には、研究成果発表会を開催し、発表能力の向上を図る。
この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「成し遂げ力」、「次世代技術の創成に貢献する力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
卒業研究1を履修していることが必要である。本科目履修時には卒業に必要なほとんどの専門科目を修得しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
卒業研究は、学部課程の専門教育において総括的な位置付けの科目である。卒業研究1で設定したテーマの計画にしたがって研究を完成させる事が大切である。
出来るだけ多くの時間を研究に充てることが必要で、指導教員とのコミュニケーションを大切にして、一つの研究を完成させるためのプロセスを確実に学んでいただきたい。
成績は出席状況、研究態度、提出された報告書、成果発表会での研究成果・態度などを考慮し、総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 コンピュータ応用工学科 必修

2019/04/01 20:37:36 作成