授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築デザイン入門
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 この授業は建築を学ぶ上で基礎となる科目であり、20世紀以降の多様な建築デザインとその思想を概観するものです。
 第2回から9回は、日本の建築作品を中心に取り上げ、そのデザインの特徴、建築家の設計思想、採用された技術、背景にある時代性・社会性を詳述します。第10回から13回は、各回ごとにテーマを設定し、国内外の建築を取り上げながら、その建築思想や社会性について講義します。
 これらの講義を通して、建築を考える上で必要な建築を見る「眼」と考える「核」を養うと共に、「建築デザイン演習1」などの設計科目に取り組む上での基礎的な知識の修得を目指します。
先修条件または
他の授業科目との関連
この科目は、入学後最初に履修する建築学の専門科目であり、他の計画系科目の基礎となるものです。
先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
授業は、スライド等を用いてビジュアルに解説します。授業で扱う作品は、首都圏周辺で見学可能な作品を主としており、授業後に自分自身でその空間を追体験し、理解を深めることが望まれます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成