授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミングC
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
この授業の目標は、C言語によるプログラミングを学んで、研究や社会活動における問題解決にコンピュータを適用するための基礎力を身につけることである。
C言語は汎用プログラミング言語で、スーパーコンピュータから組込み機器まで幅広い分野で使われている。新しい機種やOSが登場すると開発環境としてC言語がサポートされることも多い。また、現在主流のプログラミング言語であるC++, C#, Java等にも大きな影響を与えており文法が似ているので学習の継続性が良く、初期に学ぶ言語として適している。
授業では開発環境の使い方・文法・アルゴリズム等の知識の理解を、プログラミング作成実習を通して深めながら進める。

本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「基礎情報処理」を履修済みであることが望ましい。
また、数値解析関連の授業や卒業研究などでプログラムを作成する場合、必要な科目となる。

履修のポイント
留意事項
(1) 授業内容に即した課題やレポートの作成を課す。
(2) 成績評価の基準は、シラバス詳細を参照すること。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択
工学部 電気電子工学科 選択
工学部 精密工学科 選択
工学部 機械工学科 選択
工学部 動力機械工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成