授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 電気回路を深く理解するためには、自ら電気回路の問題を解くことが重要である。この授業では電気回路1と連携し、電気回路1において学んだ内容に関わる問題を自分の手で解き解決する姿勢を身につけることを目的とする。先ず、直流回路についてオームの法則、キルヒホッフの法則に基づき閉路方程式を導く方法及びその解き方を習得する。次に正弦波交流が印加された回路の動作解析のために複素記号法を利用した解法を習得する。交流回路の計算ではフェザー表示と複素数の計算が重要な課題であり、演習を通してこれらに習熟する。

本授業により育成する力・スキルは、「集い力」、「工学を理解するための基礎力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、第2セメスターで履修することを強く推奨する。
関連科目は、電気回路1、電気回路2、電気回路3である。
本科目履修と同時に電気回路1を履修することを強く推奨する。
履修のポイント
留意事項
 授業に加え、予習、復習を行うことで内容の理解に努めることが重要である。多くの演習課題をこなすことで回路を解く力が養成できる。成績は提出された演習課題への取り組みの結果を基に評価される。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成