授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
電気回路2は電気回路1に引き続いて開講される授業です。電気回路1では電気回路に用いられる素子の特性と基本的な回路の動作解析を学んだが、この授業では先ず電気回路において成り立ち、回路の解析に役立つ様々な定理(重ね合わせの定理、テブナンの定理、ノートンの定理など)とその実際の応用について学びます。次にブリッジ回路など実際によく用いられる電気回路の動作について理解を深めます。更には送配電等において基本的な知識として必要になる三相交流についての基本事項について学びます。

 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、第3セメスターで履修することが好ましいです。関連科目は、電気回路1、3および電気回路演習です。
履修のポイント
留意事項
授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成