授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 量子力学の基礎
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 量子力学は、電子・光子・陽子など、粒子と波動の両方の性質を持つ極微小物質や素粒子が従う力学である。現代のトランジスタや太陽電池、レーザーなどのデバイスは量子力学に基づいて設計されており、電子回路やコンピューターにも量子力学に基づく技術が用いられている。本講義では、主に電子の振る舞いを理解するために、初等量子力学について教授する。本講義の内容は以下のとおりである:ド・ブロイの関係式、波動関数、シュレディンガー方程式、不確定性原理、水素原子、角運動量とスピン。

本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「専門技術を形にする力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、線形代数、微積分、微分方程式ほかの数学科目および、信号処理の基礎を履修していることが望ましいです。電子物性と合わせて履修すると有効です。
電気材料、電子物性、半導体工学1、半導体工学2、電子デバイス工学、ディジタル電子回路、集積回路工学、光デバイス工学、パワーエレクトロニクスなどの基礎となる授業ですから、進んで受講するようにしてください。


履修のポイント
留意事項
量子力学は現代科学にとって必須であり、理系学生の教養形成に重要な学問です。授業の予習・復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成