授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 発電工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義では、電気事業が置かれている状況を踏まえ、エネルギー資源を電気エネルギーに変換する原理やその利用について学びます。
 まず、我が国において主要な発電方法である水力発電、火力発電、原子力発電について、各々の発電方式の特徴や発電の原理、発電システム、構成している主要な設備や機能について学びます。
 また、地球温暖化対策として世界中で注目・開発されている再生可能エネルギーを利用した太陽光発電、風力発電などの取り組みについても解説します。

 本授業により育成する力・スキルは、「集い力」、「工学を理解するための基礎力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
電力工学(5セメスター)および電気法規及び施設管理(6セメスター)の修得に必要な基礎科目です。
履修のポイント
留意事項
国家資格である電気主任技術者の認定に必要な科目です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成