授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 卒業研究1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
材料関連分野の系統的・実践的な入門プログラムとして、第7セメスター以上の学
生を対象とした「卒業研究1」および「卒業研究2」があります。学生が希望する研
究室に所属し、各指導教員の指導のもとで専門的な研究に学生が参加し、説明や指
導を受けるものです。このうち「卒業研究1」は、各研究室に配属された後に、個々
の研究テーマに関して文献検索や講読を通じて学習し、また基本的な実験装置など
の取り扱いの実習や、実験を実施することなどにより材料学に関し、理解を深める
ことを目標とします。
本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「成し遂げ力」「技術者のモラ
ルと使命」、「時代の変化に対応する専門力」、「材料工学の技術分野へ貢献する
力」、「将来の材料科学の発展に寄与する力」、「創意工夫した実験で物作りに貢
献する力」です。 
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は、入門ゼミナール、材料科学ゼミナールA、材料科学ゼミナールB、材料科学実験A、材料科学実験B、材料科学研究、先行卒業研究を取得すること、7セメスター以上の在籍であること、さらに、卒業に必要な単位数のうち100単位以上取得となります。材
料科学の基礎知識を涵養する真摯な態度が望まれます。「卒業研究2」につながる実
践的なプログラムです。
履修のポイント
留意事項
ガイダンス時に配属を希望する研究室を調査しますので、必ず出席すること。原則的に
は学生の希望を最大限に尊重します。学生が社会人として役立つための能力付加のため
のプログラムに関するレポートの提出が義務づけられます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 必修

2019/04/01 20:37:36 作成