授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 非鉄金属材料学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
本授業は、鉄を除く金属材料として、アルミニウム、マグネシウム、チタニウム及びそれらの合金といった軽金属材料を取り上げ、その材料の製法、特性、応用について講義する科目です。本授業では、材料選択の指標となる機械的性質(応力ーひずみ曲線、クリープ特性、疲労破壊など)を学習して鉄鋼材料との違いを意識しながら基礎的知識を固め、各論として、各種軽金属材料の特徴などを学ぶことから材料応用について学習することを目標とします。また、本授業では、軽金属材料を母材とする金属系複合材料等先端材料についても取り上げ平易に解説します。
本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する
専門力」、「材料工学の技術分野へ貢献する力」、「将来の材料科学の発展に寄与
する力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。他の材料系の授業と関連があり、鉄鋼材料、セラミックス、炭素材料などの科目を履修しているとより理解が深まります。
履修のポイント
留意事項
非鉄金属材料の中でも、軽金属材料の知識は重要です。基礎的な項目から材料応用まで
幅広く取り扱い理解を深めていきますので、欠席しないことが肝要です。積極的な態度
で授業に臨んで下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成