授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気電子・半導体材料学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
現在の電気を利用する社会において、最も一般的に利用されている材料について講
義します。電子の働きを中心に材料としての種類・特性について説明し、必要に応
じてその素子としての応用についても触れます。具体的には、導体、抵抗体、半導
体、磁性材料、誘電材料を取り上げ、それぞれに関する基本事項を学習することを
目標とします。
本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する
専門力」、「材料工学の技術分野へ貢献する力」、「将来の材料科学の発展に寄与
する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は有りませんが、材料科学に関連する入門科目を履修済みか、同時に履修
していることを前提とします。また、数学・物理・化学・微積分は相互に関連があ
りますので学習していることを望みます。また、授業内容は、材料の知識がある程
度必要な学生を対象とします。
履修のポイント
留意事項
(1)講義内容を理解し、自分自身で考え、まとめる力を身につけるため講義内容の復習を
十分に行うことを望みます。
(2)復習により生じた疑問点は、必ず担当教員に質問し、解決することが重要です。質問
がない場合には、講義内容を理解したと判断します。
(3)毎回の講義内容が非常に重要ですので、試験前に生じた疑問は、必ず質問することを
望みます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成