授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 接合科学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
接合は様々な形状の素材を必要に応じて組み立て成形するための加工技術の一つです。また色々な性質を持った素材を複合化する、つまり複合材料製造における基本的な技術でもあり、材料創製にも不可欠な技術です。また我々が日常関係するほとんど全ての物(形状化されたもの)に接合技術は関係していると云っても過言ではありません。そして一般工業製品、エレクトロニクス、航空宇宙などの先端技術分野においても欠くことの出来ない技術です。これまでの接合技術は溶接技術が主体であって、これは使用される材料が鉄鋼材料のように大型構造物の接合に使用されてきた結果です。しかしながら今日の日本の産業構造が重厚長大から軽薄短小に変化していく過程でそれに対応して接合技術も必然的に多様化し複雑になってきています。

そこで、本講義では、接合技術の基礎と概略、溶接技術の体系を理解する事を授業目標とします。

本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、「材料工学の技術分野へ貢献する力」、「将来の材料科学の発展に寄与する力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。接合技術は、金属材料学・冶金学を中心とした材料科学の全ての科目と重要な関わりを持ちます。特に、マイクロ接合工学は、同時に履修する事を推奨します。

また、材料科学の基礎科目群(数学科目、物理科目、化学科目、材料科学基幹科目、基礎材料工学)が履修済みである事を望みます。さらに、金属材料学・冶金学に関連する応用科目群(材料学、材料加工学)の履修も推奨します。また、本授業で身に付けた内容は、材料科学実験、材料科学研究、先行卒業研究、卒業研究、大学院修士論文作成などで、考察する際に活用されますので、復習が非常に重要となります。材料技術者として社会で活躍するための根幹となる実力を身に付ける科目である事も自覚し、授業に参加する必要があります。

履修のポイント
留意事項
(1)広範囲な講義内容であるため、単一の教科書の使用は困難と思われます。そこで、配付資料を使用する予定です。
(2)講義中のノ−トの整理を含めた予習・復習は充分に行うことが必要です。
(3)材料技術者として社会で活躍するための根幹となる実力を身に付ける科目である事を自覚し、授業に参加する必要があります。
(4)大学の授業では、学生諸君が積極的に授業に参加する事が望みます。復習を必ず行い、担当教員へ積極的に質問して下さい。教員への質問がない場合、大学教員は学生諸君が授業内容を理解したと考えます。
(5)大学教員の授業運営方法に疑問がある場合、担当教員、学科教員、教学課などへ速やかに相談し、問題解決に向けた努力をして下さい。
(6)講義中の睡眠学習・私語など常識を逸脱する行為は厳禁です。
(7)授業への出席は学生諸君の義務です。欠席により不利益を被るのは学生諸君自身です。原則として欠席は一切認めません。ただし、正当な欠席理由がある場合、学生が教員へ申し出た時点で対応します。
(8)成績評価方法を必ず確認して下さい。

学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成