授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 レーシングカー工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業は動力機械に関する応用実践力を学びます。
 人類の進化の過程で重要な役割を果たしてきた「移動」という本能を満足させる
もっとも身近な存在である自動車は、今や産業としても重要なものとなっています。
その自動車の機能を徹底的に追求し極限の力を発揮させるのがレーシングカーです。
 レーシングカーのエンジン、シャシーを取り上げ、その構造と材料を中心に授業を
行いますが、レーシングカーは究極のマンマシンシステムであるため安全工学、信頼
性工学、人間工学的な考察も行い、幅広い知識や洞察力を涵養します。
 本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」「時代の変化に対応する専門力」
「動力機械に関する応用実践力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 幅広い知識を必要とする授業となるので、特に機械力学、材料力学、流体力学およ
びエンジン工学など自動車に関連する基礎科目については、事前に履修した内容を復
習しておいてください。専門的な内容については授業の中で説明を加えます。
 日頃より機械物に対する感度を上げ、関心を持って観察するように心がけていると
授業を楽しく受けることができます。
履修のポイント
留意事項
エンジン工学、カーメカニズム、車両構造力学など自動車工学に関する科目をよく復習し
ておいてください。興味を持って取り組み、不明な点などは積極的に質問してください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 動力機械工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成