授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 熱力学演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 熱力学演習は熱力学についての理解を確実にするための基礎演習科目です。熱力学で学んだことを演習を通じてガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど実際の問題に適用することで,実機器に対する理解を深めます。エンジンに代表されるあらゆる熱機関,ヒートポンプなどを設計,開発するために必要となる大切な科目です。
 将来,さまざまな機械装置を設計,開発するためには,それぞれの考え方を習得するとともにいろいろな計算を行う必要があります。そこで,熱力学演習ではより確実に力学を理解してもらうために,演習問題を行い,将来,動力機械の設計に活かせる実力を身につけてもらうことを目標とします。
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応する専門力」,「動力機械に関する基礎知識と理解」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
 熱力学で学んだことに対する演習を行います。熱力学とセットで履修することを推奨します。

履修のポイント
留意事項
 基礎的な数学や物理の知識が必要となります。数学や物理が苦手の人でも理解できるように基礎的な演習を行いますが,高校で学んだ数学と物理の復習は必ずしておいてください。また,数学が苦手な人は基礎数学を履修しておくと,より理解できます。
 授業で学んだことを十分に理解し,応用できるようになるためにはできるだけ多くの演習問題を自ら解いてみることが重要です。

学部・学科必修/選択の別
工学部 動力機械工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成