授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 シミュレーション工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 コンピュータ性能の飛躍的な向上に伴い,数値シミュレーションは理工学におけ
る必要不可欠なツールとなりました。機械工学分野においても,流体・構造力学の
数値シミュレーション,データ解析,プロセス制御などの重要性が高まりつつあり
ます。本授業科目では,その根幹をなす数値解析法のアルゴリズムを提示し,C言語
プログラミングにより物理・工学的問題への適用を行い,基本的な数値シミュレー
ションの演習を通じてコンピュータによる問題解決能力を修得することを目的とし
ます。
 本授業により育成する力・スキルは,「挑み力」「時代の変化に対応する専門
力」「動力機械に関する応用実践力」です。


先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にありませんが,情報リテラシー(基礎情報処理)及びC言語プログラミング(プログラミングC)の単位取得程度の理解力を前提とします。
 ただしC言語を知らなくとも,他の言語によるアルゴリズム構築の経験があったり,予習・復習を十分に行うことによりC言語を身につけようという積極的な意欲があれば,受講を歓迎します。



履修のポイント
留意事項
 授業内容に即した課題を出します。コンピュータを使ったシミュレーション結果の提
出を課すこともあります。


学部・学科必修/選択の別
工学部 動力機械工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成