授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 流体力学2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  航空機やロケットが大気圏を飛行する時、揚力を利用したり、空気抵抗を受けたりして
います。この時これらの特性を十分把握したければ、機体の周りの空気の流れの特性につ
いて詳しく知る必要があります。またこれらの航空・宇宙機を推進させるエンジンも燃焼
ガスの流れにより推力を発生させています。この流れと物体の相互作用について学ぶ流体
力学は、航空宇宙学のみならず広く機械工学において重要な学問です。
 この授業では流体(液体と気体)を連続体として取り扱う流体力学について学び、流体力学1で学んだ理想流体および流体力学の基礎をもとに、粘性流体の基礎方程式および流れの性質などについて学びます。
 この授業で育成する力・スキルは、自ら考える力、自然科学についての基礎知識、論理
的に考え説明する力です。

  
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありませんが,「流体力学1」で学習した事項は既知のものとして授業をすすめます.「流体力学1」を履修しているか、同等の知識を有していることが望ましいです。さらに先に進んで「空気力学」、「高速空気力学」などを学ぶ上で有用となる基礎科目です。
履修のポイント
留意事項
 この授業を受けるに当たり、力学、微積分(特に偏微分)、さらに初等的な複素関数の基礎知識が必要です。


学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成