授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 衛星システム工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業では、衛星システムの設計開発にあたり必要となる最適化のためのエンジ
ニアリング手法について学びます。衛星システムは多くの要素(サブシステム)か
ら成り立ち、これらが多くのコンポーネントから構成されています。設計開発フェ
ーズではこれらのシステムのサイジング、資源配分(重量、電力、容積、周波数、
通信など)を維持管理押していくことが重要となります。また、さらに開発におけ
るコスト管理も重要であり、いかなる手法を用いるかについても学びます。さら
に、開発を進める上で必須となるスケジュール管理手法や段階的開発手法について
も学びます。この授業で育成する力・スキルは自ら考える力、時代の変化に対応す
る専門力及び航空宇宙学を応用する力です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先週条件はありません。
履修のポイント
留意事項
大規模なシステムを開発する上で重要となる手法について学んでください。これらは、
衛星システムのみならず大規模なシステム開発に応用できるアプローチとなります。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成