授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎力学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 力学は熱力学および電磁気学と共に物理学を構成する主要分野の一つで、理工学の基礎であり工学系科目を学習する前に必ずこれを履修しなければならない専門基礎科目として位置付けられています。特に航空分野では飛行力学、空気力学、航空気象学などの専門科目の基礎として欠かすことのできない科目であり、確実に身につける必要があります。
 本授業を受講することで、力学の基礎を学ぶだけでなく、学習力・思考力・探求力を含む自ら考える力が養われます。また、工学を理解するための基礎力である「技術者として必要な自然科学的基礎知識を修得し、自らの考えを適切に表現する力」、さらには時代の変化に対応する専門力である専門分野の技術動向に精通し、時代に即した工学的な対応策を見いだすことができる力」も養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。数学的道具としての微分、積分およびベクトルを使うので、併せてこれらを学習する必要があります。また、この力学で学んだ知識を基礎として多くの専門科目を学習することになるので、十分な理解が肝要です。
履修のポイント
留意事項
 力学は授業をただ聞くだけでは自分のものとなりません。原理や法則の意味を自分で考え、問題を解くことが重要です。使用する教科書には非常に丁寧な解説とともに豊富な演習問題が用意されているので予習・復習に活用してください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 必修

2019/04/01 20:37:36 作成