授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 操縦士と人間力
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 今後、パイロットになる教育訓練を受けてエアラインパロットを目指しますが、知識は暗記するだけでなく応用できるように理解し、航空機を操縦できる技術を限られた期間の中で着実に身に付けなければなりません。そのためには目的の理解力、達成意欲、集中力、忍耐力、計画性、柔軟性、協調性、順法精神、等の精神的姿勢(Mental attitude)を先ず身に付けることが不可欠です。更に将来はラインで旅客の安全輸送を担い、最終的に機長に昇格して運航の最終責任者となることを理解するため、内外の専門的知識や経験を持った講師陣も授業を担当します。
 本授業を受けることで学習力・思考力・探求力等の自ら考える力やコミュニケーション力・関係構築力等の集い力を養成でき、更にエアマンシップに触れて、パイロットとしての自覚と使命感を醸成します。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
 1回または複数回毎に領域を変えて演習も含めて学び、14コマが終わった時点で、パイロットの知識の学習と飛行訓練に臨む姿勢が出来上がるように、自分自身を見つめ改善しながら進めることが必要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 必修

2019/04/01 20:37:36 作成