授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空交通管制
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 計器飛行方式によって飛行をする場合最も厳しい条件は、雲中飛行のように外に
頼れる物標がない場合です。実際の気象状態ではこのようなことは度々起きます。
航空界ではこのような場合、どのような対策を取れば飛行が可能になるのかという
方法を設定しています。その飛行方式、レーダーを使用した航空機の誘導、飛行方
式設定基準、管制方式基準等の講義を通じて計器飛行方式の概要を学び理解し、同
時に国家試験に於ける計器飛行証明の学科試験合格も目指します。
 本授業を受けることで、大学の目標である「コミュニケーション力・関係構築
力・アイデンティティー獲得等の集い力」,学部の目標である「時代の変化に対
応する専門力」を身に付けることが出来ます。また、学科の目標である「航空知識
の理解力と実践への応用力」を養成できます。
先修条件または
他の授業科目との関連
有視界飛行方式に関する航空交通管制を先に履修します。
履修のポイント
留意事項
 有視界飛行も実施した経験もない中で、イメージがつかみにくいと思いますが、留学
先でもう一度レビューがありますので本科目では概要を理解することが重要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 必修

2019/04/01 20:37:36 作成