授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空機整備
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 航空機の安全性、定時性、快適性および経済性をハードウェアの面で維持向上させ
るための業務が航空機整備です。そこでは航空機および部品の整備作業だけでな
く、作業を経済的で効率よく確実に行わせるための企画、技術、管理、教育、訓練
も重要となります。本授業では、整備の目的、整備組織、整備規程、整備士、整備
施設・設備、整備方式と信頼性管理、整備作業、および航空法などについて学習し
ます。
 この授業を受講することで、学習力・思考力・探求力を含む自ら考える力が養われ
ます。また、時代の変化に対応する専門力である「専門分野の技術動向に精通し、
時代に即した工学的な対応策を見いだすことができる力」も養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
航空会社における実践的な航空技術であり、航空機全般および専門技術に関する知識を
確実に習得することが必須です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成