授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空気象学演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 航空機の運航に大きな影響を与える様々な気象現象について、気象機関から提供
されている各種気象資料の活用の仕方を学びます。天気図、気象衛星画像、レーダー
データ、解説報等を活用するための方法を修得し、気象現象を立体的にイメージす
る技術を身につけます。
 本授業により、学習力・思考力・探求力を含む自ら考える力が養われます。ま
た、工学を理解するための基礎力である「技術者として必要な自然科学的基礎知識
を修得し、自らの考えを適切に表現する力」、さらには航空知識の理解力と実践へ
の応用力である「航空基礎知識を正確に理解し、その知識を実践に生かすことので
きる力」も養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
航空気象学1および航空気象学2の知識が必要です。
履修のポイント
留意事項
航空気象学1および航空気象学2の教材を復習し、内容を整理して授業に臨むようにしてください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成