授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミング応用
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
プログラミング入門よりも一歩進んだプログラムの書き方をC言語を用いて習得させる。具体的には、ファイル入出力、関数の作り方とその使い方、構造体の定義とその使い方等について学び、実際にプログラムを書いてこれらを確認することによってプログラミング入門よりもやや複雑な関数や構造体を使ったプログラムの書き方を習得させる。
 この授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、「情報メディアを自在にあやつる力」、「人に優しい情報メディアを開発する力」である。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けない。
 プログラミング入門の内容を基礎とする科目である。かつデータ構造とアルゴリズム基礎・応用、オブジェクト指向プログラミングの基礎となる科目である。ソフトウェア開発の基礎として、ほとんどの主専攻科目と深い関連がある。

履修のポイント
留意事項
授業の合間に空いているパソコンを見つけ、自分で考えながら多くのプログラムを実際に作成してみることが、プログラミングの上達のポイントである。
 プログラミング入門の内容を基礎とする科目であるので、プログラミング入門の単位を取得していることが望ましい。
 成績評価は、課題および試験の成績を総合的に判断して行う。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成