授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像処理・同演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 映像撮影機器の発展にともない、デジタル画像は一般生活にも広く普及している。本授業では、そうしたデジタル画像のデータ表現や各種処理技術について、講義とプログラミング演習を通じて説明する。まず画像の標本化、量子化について解説し、デジタル画像の性質、各種画像処理およびその原理についても講義する。さらに画像圧縮の基礎となる画像の直交変換についても触れる。また実習として、画像の取り込みから各種画像処理、出力までを行う。これらの実習により各種画像処理の特徴を深く理解することで、画像処理を組み合わせて目的に合う画像を得る手法を習得する。
 この授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、「情報メディアを自在にあやつる力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けないが、デジタル信号処理を履修していることが望ましい。プログラミング入門、プログラミング応用で学んだ知識を応用する科目であり、コンピュータグラフィックス・同演習とも関連が深い。また、インタフェースデザイン・同演習、応用情報処理・同演習、一部の卒業研究の基礎となる科目である。
履修のポイント
留意事項
 講義による理解だけでなく、画像処理を行うプログラムの作成と実習を通して画像処理技術を体験、理解することが重要である。なお、授業はプログラミングに関する一通りの基礎知識を備えていることを前提に進行する。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成