授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報システム開発・同演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この授業では、企業で行う情報システムの開発に必要な基礎的スキルを、実習を通じて身に付けることを目的とする。特に、世の中で広く開発が行われているビジネス系の情報システムに焦点を当てて、ソフトウェア開発の実習を行う。最終的には、仕様書作成からプログラム作成まで一貫して行ってみることにより、ソフトウェア開発というものを工学的に捉えられるようになる事を目標とする。
 この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、及び「人に優しい情報メディアを開発する力」である。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けない。
 データベース・同演習及びオブジェクト指向プログラミングを履修していることが望ましい。また、システム開発論を同時に履修するか履修済みであることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 ソフトウェア開発では、単にプログラムを作成するだけでなく、仕様書とプログラムの整合性を図ることも重要であるので、これについても実習課題では評価する。成績評価は、実習課題、試験、出席状況等を総合的に判断して行う。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成